新宮弁講座 ホームへ 新宮市概要 新宮市周辺地図 新宮観光案内 新宮のまつり 宿泊ガイド アクセスガイド 熊野古道を歩く 新宮市語り部の会 最新ニュース クチコミ情報 お店情報 画像ギャラリー 新宮ガイド わがらの新宮弁 新宮モダン リンク集
トップ (メニュー)  >  「熊エプ紙上にみえる新宮弁拾い読み」


 この講座は、新宮出身でトラベルライターのMさんが主宰するメルマガ「熊野エクスプレス」紙で、連載されたものです。
 新宮弁ウオッチャーとしては、熊エプ紙上で散見する熊野言葉に無関心ではいられませんでした。心を揺さぶられた「記事」に、少しふれてみたいと思います。

1) 「くろにえる」・(E・Aさん)
 「くろにえる」(内出血をして青いあざができること)という新宮弁を標準語と思っていたE・Aさんの投稿に目が留まりました。
 私も「くろにえる」はユニークな標準語と思っていました。そうではないと知って、「そうやったんか」と、新宮弁講師としては悲喜こもごも、複雑な思いでした。
 東京でこの言葉を使う機会はありませんでしたが、もしそんな機会があれば「くろにえちゃってサー」とか言って、「??・・」に遭っていたかもしれません。そう思うと、ちょっと笑かす思いです。
 
 新宮出身者の、東京での失敗談にこんな話があります。
 映画館の切符売り場で、「あのー、ツンでますか?」と訊いたら、「はぁ?」と聞き返されたので、とっさに「いや、混んでますか」と身を翻し、事なきを得たそうです。
 「“つんでいる”は標準語や思たぁた。オレ、知らなんだゲー」といっておりました。昭和45年(1970年)頃の話です。

2) 「チチイレ」・(K・Uさん)
 「チチイレ」とは、配達される牛乳瓶を入れる木箱のことだそうです。串本の一部でこう呼ばれていたとのこと。
 これには衝撃で身体がグラグラ揺れました。素朴で単刀直入。熊野の何かを感じましたヨ。シンプルイズベストを再認識すると共に、「こんなんアリかよ」とも思いました。常識やぶりです。
 新宮弁講師としては、「『海の熊野』が持つ縄文的特性・おおらかさ」であると、わかったようなわからんような事を言って、したり顔をしておきたいと思います。あの辺のおいさん、おばさんの姿が目に浮かびそうです。いや、ビックリでした。

3) 「ひしくるを三輪崎限定と思っていた」・(S・Kさん)
 ひと山越えたら新宮市という三輪崎でさえ、新宮に行くと使わなんだ言葉があったのかと、ある種の感動を覚えましたね。
 私の実家は、新宮まで10も20も山を越えなあかん、いわゆるひとつの川丈筋(熊野川沿い)。
 新宮の都会の人は、川丈筋のことを「奥」と呼んで、差別していました。「奥様」や「奥の院」は敬語表現ですが、ただの「奥」は差別用語です(笑) ひがみやるデ(笑)
 尤も、「奥」の人も新宮に移り住むと、今まで住んでいた地元のことを、結構すました顔で「奥」と呼んでいましたからエエかげんなもんです。
 「奥」には、新宮では使わなんだ言葉がたくさんあります。海岸筋にも封印された言葉があったんかと勇気づけられました。

(本講座12「くろにえる語考」で、このような話題を取り上げています)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:488 平均点:4.14

前
「新宮弁の基本構造」についての考察?
カテゴリートップ
新宮弁講座
次
「スポーツ編」
英語版ページ

Facebook

Twitter

新宮弁講座 紀南の写真
今日の天気

人気投稿

三重交通ホームページ内の南紀高速バスページです。 南紀熊野・瀞峡の旅は熊野交通 熊野速玉大社 水の国わかやま
新宮市観光協会 和歌山県新宮市徐福2-1-1 新宮駅構内 電話0735-22-2840 info@shinguu.jp