新宮弁講座 ホームへ 新宮市概要 新宮市周辺地図 新宮観光案内 新宮のまつり 宿泊ガイド アクセスガイド 熊野古道を歩く 新宮市語り部の会 最新ニュース クチコミ情報 お店情報 画像ギャラリー 新宮ガイド わがらの新宮弁 新宮モダン リンク集
トップ (メニュー)  >  文化人  >  文化人
文化人
新宮の文化人
 新宮の人の特徴は、反骨と進取の気性である。他人と同じことをしたくないという気性が、骨の髄までしみ込んでいるのである。
 その昔、新宮に水野忠央(ただなか)というお殿様がいた。新しいことをするのが好きな殿様だった。藩士にあだ名を付け、北海道の開拓を企画し、製紙業を興し、ガラスの製造所を設け、備長炭の製造直売を推進し、『丹鶴叢書(たんかくそうしょ)』という一大古典叢書を発行し、西洋式軍艦を造り、フランス式騎兵調練を始め、ついには徳川幕府の将軍擁立までした殿様であった。
 新宮の風土は、人も物も、すべてが水野のお殿様のような感じである。寒暖の植物が混生している浮島の森、不老不死の霊薬を求めた徐福、神話の時代から続く祭り、どれもこれも世の決まりごとをはみ出ていき、全く新しいことを好んでする。
 つまり言ってみれば、新宮の風土丸ごと芸術家なのである。東くめ、佐藤春夫、西村伊作、中上健次などが丸ごと芸術家であるのは至極当たり前のことなのである。

 


 

タイトル
 明治10年、水野藩主水野家の家老職、由比甚五郎の長女として新宮に生まれる。東京音楽校在学中より作詞を手がけ後に、滝廉太郎とのコンビにより「鳩ぽっぽ」「お正月」「鯉のぼり」「雪やこんこん」など、日本で最初の口語体による唱歌を生み出し、今も愛唱されている。駅前に鳩ぽっぽのモニュメントや歌碑がある。
イメージ写真 イメージ写真

 

 

 


 

タイトル
 明治17年、大石余平の長男として生まれ、その後、母方の西村家に入籍、叔父の大石誠之助に育てられた。東京に「文化学院」を設立し、日本でも最初の男女共学を実現し、自由教育を実践した。建築・芸術方面 でも才能を発揮し、スイス風のこの記念館は、自宅として本人が設計したもので、与謝野夫妻や画家石井柏亭など多くの文化人や芸術家が集い、交友を深める場となった。
イメージ写真 イメージ写真

 問:西村記念館(0735-22-6570)

 

 


タイトル
 明治25年、医師佐藤豊太郎の長男として新宮市船町に生まれる。『田園の憂鬱』は、彼の出世作で以後多用な作家活動を展開、その作品や存在は、当時の文壇に大きな影響を与え、昭和35年には文化勲章も受章した。代表作としては『殉情詩集』などがある。
 現在、速玉大社境内にあるこの記念館は、東京の旧邸を移築、復元したもので館内には、自筆原稿や生活用具等が数多く展示されている。

イメージ写真 イメージ写真
 問:佐藤春夫記念館(0735-21-1755)

 

 


 

タイトル
 昭和21年新宮市に生まれる。新宮を舞台にした血縁・地縁の物語『岬』で第74回芥川賞を受賞した。熊野をうたった独自の物語世界がダイナミックに展開され、代表作に『枯木灘』『千年の愉楽』『奇蹟』など多数ある。熊野をこよなく愛した彼は、市内の南谷に眠っている。墓地には熱心な読者が今でも多く訪れ、香花が絶えない。墓石に刻まれた文字は彼の自筆である。
イメージ写真 イメージ写真

問:中上健次(新宮市立図書館 0735-22-2284)

 

友達に伝える
投票数:542 平均点:4.59

英語版ページ

Facebook

Twitter

新宮弁講座 紀南の写真
今日の天気

人気投稿

三重交通ホームページ内の南紀高速バスページです。 南紀熊野・瀞峡の旅は熊野交通 熊野速玉大社 水の国わかやま
新宮市観光協会 和歌山県新宮市徐福2-1-1 新宮駅構内 電話0735-22-2840 info@shinguu.jp